太陽光発電のアポを取りづらくなったな〜

そんな風に思っている人も多いのではと思います。

確かに太陽光発電が設置されているお家は、
新築物件でも既存宅でも年々増えています。

なので確かにアプローチできるお家は減っています。

とはいえ2019年でもまだまだアポを取ったり売る機会はいくらでもあります。

売電ではなく自給自足を売れ

初期費用0円!

実質負担なし!

こんなスマホの割賦販売みたいな売り方がかつては主流でした。

今でも結果的には大半の業者は

ローンを組んでそこに毎月の売電収入を充てていく
だから家計の負担にはなりにくい

といった売り方にはなる。

ただ、売電収入という訴求力が
以前のようには発揮できなくなってしまっている。

売電価格が以前よりもだいぶ下がってしまっていることを
ほとんどのお客様は知っているからです。

一方で、毎年のように起こる異常気象や災害により、
安心、安全な生活へのニーズは高まる一方です。

だから電気を自給自足することで、

停電や災害時にも不便のない生活を送れる!

を売りにするのだ。

これまでは家計に負担なくできる仕組みを
丁寧に説明することが大事だったけど、
今は自給自足をイメージさせることが
アポを取るのに重要なポイントになります。

いざという時の備えになったり、
ほとんど電気を買わないですむ生活に
夢を見てくれるお客様がターゲットになります。

蓄電池ありきでセット単価アップ

自給自足をする上でどうしても欠かせないのが蓄電池。

まだまだ値段は高いかもしれないが、
大容量の蓄電池も販売され始め、
数字上は自分の家の電気はすべてまかなえるものもある。

太陽光だけでアプローチできるお家は
確かに以前より少なくなっている。

その分蓄電池のセット販売で売上単価のアップは見込める。

停電や災害時に不便のない生活を

以前に太陽光を検討したんだけど
蓄電池の性能面で見送ったんだよ

ある程度築年数が経っているお家では
太陽光をつけていない理由に、
蓄電池の性能面で待ったをかけたお家も少なくない。

そんなお家に出会えたら超ラッキーだ。

ここ数年ですごく性能が良くなったんですよ!

へえ〜 どれくらい良くなったの?

電気を自給自足できるくらいになりました!

これで検討の余地は生まれるだろう。

あとはお客様が対費用効果との相談で決めてくれる。

10年固定あるうちに

いくら自給自足ができて電気代を削減できるとはいえ、
それでも家計負担は少ないほうがお客様にとっては良いだろう。

2020年以降の電気の買い取り制度に関しては
まだはっきりとしたことは決まっていない(2019/2現在)。

2019年中であれば10年固定というのは間違いない。

だからシミュレーションをしたり検討するときに
10年固定があるうちのほうが今後の見通しは立てやすいのは事実だ。

自家消費という夢を売る

以前のように売電ありきだとどうしても、
”元を取るのか取らないのか”
の話に陥りやすかった。

それが今では蓄電池がつくことで、
ほぼ100%元が取れないことを全面に出せるようになった。

むしろ元を取れない前提のほうが
まっとうな商売になりやすい。

もちろんお客様にとっては
家計負担少ないほうが良いのは百も承知。

それでも、
自分の家で発電した電気を自分の家で使える
に魅力を感じる人は大勢いるはずだ。

今更つけても得にはならないでしょ?

そうですね笑
でも皆さん電気を自給自足する生活のためにつけているんですよ!

こうやってハッキリ言うことで好感を持たれるケースは多い。

個人的にも家族の安心や安全のためのモノを売るほうが気分が良い!

以前だと

「元取れなかったらどうするの?」

なんて反論も出やすかった。

今では元を取れない前提なので、
デメリットとしては費用面くらいしかない。

その費用面をデメリットに感じさせないのが、
営業の腕の見せどころでもあるので、
売電ありきの頃よりも健全だ。

太陽光発電に関して言えば、
このさき長く売れる商材ではないけど、
まだまだ買ってくれるお客様は多いし
訴求ポイントはある。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事