DJ Nobby(@787nobby)さんが
1/27のボイシーでお話された内容

経済ニュースでやりたい放題ーコツ1つ!ウケるプレゼンの作り方

は飛び込み営業や訪問販売で使えるヒントが
たくさん詰まっている。

プレゼンはボケとツッコミ

DJ Nobbyさんがウケるプレゼンを作る上で
意識してほしい事として

スライドはボケ
トークはツッコミ

この関係性を意識して頂きたいんですね

と仰っていた。

すごく共感できたし納得もできた。

普段、僕が飛び込みでお客様にアプローチしている時、
お客様からのリアクションが良い時は
トークの中でボケとツッコミの関係性を
確かに築けていたなと、思い当たった。

ちなみにDJ Nobbyさんが
最高のボケとツッコミの例として紹介していたのが
スティーブ・ジョブズのiPhone発表のプレゼン。

3:15あたりでスティーブ・ジョブズが

「これです」

と言って笑いを取るところ。

「こう言うと『タダより高いものない』って言われるんですけど〜(笑)」

実質、家計負担ないんですよ!

というトークの後に

こう言うと『タダより高いものない』って言われるんですけど〜(笑)

と入れると、お客様が

そうそう(笑)

と、リアクションを返してくれることが多かった。

確かにボケとツッコミの関係性がある。

他に自分が意識して使っていたのが

見積もりは”無料”なので1度みてください!

というトークの後に

ただ、僕も営業で来てるんで
良かったら契約まで前向きに検討してくださいね(笑)

と入れると、お客様が

ですよね(笑)

というリアクションをよく返してくれる。

ボケとツッコミの意識でただの説明ではなくなる!

DJ Nobbyさんは
プレゼンがつまらなくなってしまう理由を

スライドに書いてあることを
ただひたすらに読み上げているプレゼンが
なぜ面白くないかというと、
漫才に例えると、
あれはず~っとボケだからです

としている。

飛び込み営業でも同じだ。

ず~っと資料に書いてあることだけを
話されても退屈を感じさせてしまうだけ。

実際、音楽とかどんなヒットソングでも

Aメロ→Bメロ→サビ

みたいな展開がある。

ずっとサビだけなんて曲はない。

あっても売れていることは皆無。

そういう展開とかメリハリがあることで
頭にスッと入りやすくなる。

ただの説明だったらスピーカーから流しておけば十分

昔よく上司とか先輩に

ただの説明だったらスピーカーから流しておけば十分だぞ

なんて嫌味をよく言われた。

プレゼンは一対多で行われるケースも多いが、
飛び込み営業は基本一対一がほとんど。

B to C の営業なので
B to B よりはいくらかフランクに営業して良い。

そんなにかしこまらずに、
理想は奥様同士の井戸端会議みたいな雰囲気。

ただ一方的に話してしまうと
”説明屋さん”で終わってしまう。

だったら正確に伝えられる分、
スピーカーから流した方がマシだろ、
とおもわれてしまう。

少しでもお客様を楽しませる意識があれば
自然とボケとツッコミの関係になる。

DJ Nobbyさんのプレゼンのコツは
かなりタメになるので是非多くの人にも聞いてほしい。

こんな良い話が無料で聞けるボイシーはやっぱりありがたい!

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事