2020年2月頃より、日本でも本格的にコロナウィルスが流行りだしてしまいましたね…

 
実際、自分の勤め先でもコロナの影響で商談がいくつかキャンセルにもなっています。

 
個人的には飛び込みの営業や訪問販売でも、営業マンはマスクをしたほうが良いとます!

お客様の安心・安全のためにマスクを❗

マスクをしてピンポンを押したらお客様に失礼なんじゃないだろうか…

 
確かにお客様側からすると、マスクをした見知らぬ人に自宅のインターホンを押されたら、警戒心を引き上げてしまかもしれませんよね。

・・・なにかしら!?

 
そこの心情をわかってしまうからこそ、営業マンの悩みどころでもあります。

 
でも、あえて断言します! マスクはするべきです!

 

マスクをしたほうが良い理由

お互いの予防のためにマスクをしたほうが良いのはもちろんのこと、ちゃんと配慮のできる人ですよということをお客様にアピールできるのも理由の一つです。

 
たしかに、マスクを着用することで不審者感が高まってしまい、インターホンを押してお客様と直接お話できる機会は減るかもしれない。

 
とはいえ、もともと、インターホンの突破は運の要素が大きいところなので、お客様が出る出ないに対してそんなに悩まなくてもよいところです。

 
そこをあれこれ考えるよりも、会えたお客様に、より確実に好感を持ってもらえることのほうが大事です。

 

こんなご時世なのでマスクですみません〜笑

 
面談してなるべく早い段階で、こんな一言が言えると良いかもしれません。

マスクがあることで安心感を与える

さすがにこれだけ連日コロナウィルスについて報道されていれば、営業マンのマスク姿に対しても理解してくれるお客様は多いはずです。

 
それが伝わればグッとお客様と営業マンの距離が縮まりますよね!

 
ポイントは”お客様のためにマスクを着用しているんですよ❗”ということが伝わるかどうかです。

 
マスクを小道具みたいに使って会話のフックにするのもアリです。

 

こんな顔していますのでよろしくお願いします〜笑

 
どこかタイミングを見つけてマスクを外した顔を見せることで一笑いとれたりもできます。

考えても仕方のないことは考えない

一人で営業活動をしていると心が弱ってくることがあります。

 
断りを受け続けていると、

こんなコロナが流行っているのに結果なんて出せないでしょ…

 
こんなネガティブな思考に陥りやすくもなります。

 
もちろんコロナの影響もゼロではないと思います。

 
だからといって、そんなネガティブなことを考えて状況が少しでもよくなるでしょうか!?

 
ならないですよね(^^;

 
会社が営業活動に対してゴーサインを出しているのであれば、その限られた環境のなかでどうやって結果を出せるのかを考えたほうが遥かに健全だと思いませんか!?

 
同じ環境下でも結果を出し続けている人っていますよね!?

 
そこの差がなにかというと、決してテクニックとかではなく、いかに”考えても仕方のないことを考えていないか”だと思います。

クレームには”秒”で謝ること!

もちろんお客様の中には、

こんな時に非常識でしょ❗

 
なんてご指摘をしてくるお客様もいるかもしれません。

 
そういうときは考えるまでもなく謝りましょう!

 
間違っても

「皆やっているので…」

のような言い訳に聞こえることを言わないことです。

 
そういう一言、態度が余計にお客様の怒りに火をつけてしまいます。

 
それこそ、会社や消費者センターのようなところにクレームでも入れられようものなら、面倒なことが増えるだけです。

 
どちらら良い悪いとかではなく、どれだけ穏便に済ませられるかを心がけるべきです。

モラル・マナーは変化するもの

自分やお客様の安心・安全のためにもマスクは着用したほうがよいと思います。

 
たしかにマスクを着用することで失礼にあたるかもしれないという考えも十分に理解できますし、事実、そういうふうに感じるお客様もいることでしょう。

 
ただし、マスクを着用するにしろ、しないにしろ、判断の基準が”常識だから”だけでは良くないと思います。

 
”なんのために”の理由が大事だと思います。

 
”常識だから”だけではあまりにも考えが足りていません。

 
どちらを選択するにしろ、”なんのために”を自分の中で明確しておくべきでしょう。

 
それが当たるか外れるかはわかりませんが、そのあたりの空気の読み方が営業マンの勘のみせどころとも思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事