外回りの営業はサボりやすい環境が整っている。

基本的には社内の人間の誰にも見られていないからだ。

好き勝手喫茶店に入ってみたり、
営業車内でず~っとスマホをイジって時間を潰したり。

ただし、結果が出ていれば何をしてもサボりではないと思っている。

結果が出ていればどんなに休憩してもサボりの範疇ではない!

営業マンの仕事は

”結果を出すこと”

”目標数字を達成すること”

などと、決められた仕事量が明確になっている。

その仕事量をこなしていれば文句を言われる筋合いはない。

もちろん、最低限の配慮として、
サボっているところを見せつけたりするのは、
仕事をしている人の神経を逆なでするだけなので、
目につかないようにするべきであろう。

もし、月間のノルマを達成していようものなら、
どんなに手を抜こうが休憩をしようが、
それは決してサボりの範疇ではない。

どんなに頑張っても結果が出ていなければサボりと同義

結果が出ていれば何をしてもサボりの範疇ではないのと同様に、
どんなに一生懸命回っても数字が上がっていなければ、
それはサボりと同じ扱いを受けるのも営業の仕事ならでは。

回って取れないのは心のサボり

自分なりに頑張ってるのに
思ったような成果が出せていない時に、
よく上司に言われた言葉が、

回るのが仕事ではないんだ!

結果を出すのが仕事で、
回って取れないのは
それは心のサボりだ!

当時の自分は、

(そんな無茶な、、、)

と思いながらも同時に

(上手いこと言うなぁ)

と思って聞いていた。

どんなに頑張っても結果がでなければ、
それを批判する言葉は用意されているんだなと、
強く感じた。

今でこそ、

「回るのだけが仕事ではない」

の意味は以前よりもよくわかる。

”取ろう”という気持ちが入っていないと、
やっぱり手を抜いている態度はお客様に筒抜けになってしまっていたり、
仕事に対する工夫も生まれてこないんだなと。

休憩を取るなら計画的に

もちろん結果が出ていないことが、
全てサボりだと決めつけられてしまうと、
これから発生するであろう成果も上がって来なくなってしまう。

頑張ってなんとかしようというやる気が削がれてしまうので。

なので、サボりと休憩の線引をあらかじめしておくとよい。

  • 計画的な休憩はサボりではない(昼休憩とか)
  • 自分に負けた休憩はサボり(断りが続いてモチベーションダウンとか)

仮眠を取って頭の回転と気持ちをリフレッシュ

計画的な休憩は結果に結びつくことが多いと実感している。

僕も若い頃は本当に休憩なしで一日中回れた。

それは上司の言う

「回るのが仕事」

なっていたのもあるけど。

ある時期から休憩を取らないと
体が保たないのを感じ始めた。

それから休憩を入れるようになったのだけど、
なぜだか休憩終了直後に結果の出ることが多かった。

最初はあまり自覚はなかったけど、
頭の回転も気持ちもリフレッシュできて、
爽やかな態度でお客様に接することができて、
それが結果に繋がっているのかと思い始めた。

今でも休憩後に結果が出やすいので、
無理な現地稼働はしないようにしている。

部下とか後輩にされたサボり方一例

自分は小心者で、

(バレたらどうしよう)

の方が強く作用するので、
そこまで派手なサボりはしない。

自分の部下で後日白状されてびっくりしたサボり方を2つ。

同行と称してデートをするツワモノ

新卒の〇〇ちゃん、
ちょっと元気が無いので自分が一緒に回りますね!

なんてことをすっかり鵜呑みに信じていたら、
なんてことはない、ただ現地でデートをしていただけと。

現地と全然関係ないパーキングエリアに行って、
一緒に名産物を食べたりしていたと。

自分のチェックのザルさを痛感しました。

商談と称して映画館へ

なかなか連絡がつかないけど、
商談中なら仕方がないかと思っていたら、
ただ映画館に入っていただけだと。

これも後日聞いてビックリした。

仕事中に観る映画はさぞかし楽しいだろうなとは思うけど。

サボったツケは必ずくる

月の早い段階で月間の仕事量を達成していれば、
あとは何をしていてもサボりの範疇ではない。

ちなみにそれは、外部から見た場合の評価であって、
当の本人が自分への甘えからサボってしまうと、
周りからは何も言われなかったり、
特にペナルティがなかったとしても、
サボりのツケはいつか回ってきてしまうものだ。

楽器の練習を1日サボると取り戻すのに3日かかるのと同じ理屈で。

かたや一方で、大きな仕事を成すのに、
適度なリフレッシュが必要だとも思う。

その仕事をしていない時間が何のための時間なのか、
適当な理由を付けて正当化するような、
自己欺瞞に陥らないための自己管理がすごく大事。

というようなことに
最近成績が下降気味な自分が気が付きました(^^;

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事