ダメ!絶対!!お客様への迷惑行為は

ワザとではなかったとしても人と人とが関わりあう飛び込み営業において、お客様にとっての迷惑行為は少なからず存在する。場合によっては消費者センターにタレ込まれたり、そのまんま苦情として会社の方に電話がかかってくることもある。これは完全に営業側の言い分になってしまうけど、仕方がないケースもあったりで完全に迷惑行為をなくすことは残念だけどできない。ただ少なくとも故意にというのは営業云々ではなく人としてどうかなので、そういう人は無職から人生をやり直して頂きたい。それはさておき自分が過去にやらかしてしまったことを以下に書いていく。

塗りたてコンクリートの玄関に立ち入り

すみません、気がつかなったです。厳密には全く気が付いてない訳でななく、立ち入るな的な紐が周囲にも張ってありました。ただ確信が持てなかったのでその紐を乗り超えて立ち入ったところ

おい!そこの紐見えないのか💢

と2階のベランダから怒鳴り声が聞こえてきた。ウワッ!ヤバイと思ってすぐにその玄関から出ました。「やっちまった〜」と、ちゃんと謝らないとと思いその場でしばらく待機していたけど、一向に出てくる気配がなかったので一礼してその場からは去った。本当に逃げた訳ではなく、すごい勢いで降りてくるかと思ったけど結局出ては来なかった。その時に実は、新卒の男の子を同行に付けていたので非常にカッコ悪いところと、お客様は怖いっていうところを見せてしまったかもしれないとすごく反省した。普段は「迷ったらGO!」って感じでやっているけど、時と場合によるなと。怪しいところには立ち入らないに越したことはない。

訪販お断りシールのお家をピンポン

僕が飛び込み営業をしたての頃は”訪販お断りシール”も関係なしにピンポンを押していた。すごく嫌だったけど先輩に「行け!」と言われていたので。ただ、僕の引きが悪いのか、そういうお家のピンポンを押すと怒られる率が僕はすごく高くて、自然と行かないようになって行った。あと、気がつかずに押してしまった時に、お客様が無言で出てきて、ようやく放った一言が

このシールになんて書いてある?

で謝り倒して帰ったこともあります。

一回断られたのにまた行ってしまう

これも完全に自分のミス。現地を回る時に地図を使って回っていて、一回断られたおうちはその地図にチェックを入れるのだけど、そのチェックを忘れてしまい

この間も断りましたよね?

と。最初の時にインターホンで断られたならまだしも(まだしもってことはないんだけど)面談して断られて、またしても面談してしまいました。すみません。2回目に面談した瞬間に僕自身も「あっ」となってしまい、自業自得なのだけど、僕も精神的にダメージを食らいました。

迷惑行為をしないために

ここまで読んでいただいてわかるように、ミスの責任はほとんど自分。単純に集中して現地を回っていれば防げたものがほとんど。だから仕事中に気を抜いて良い瞬間はない。お客様からしたら仕方ないでは済まないだろうけど、他にもこんな経験があった。

ピンポンを押したら夜勤明けで寝ていたらしく、それをピンポンで起こしてしまい怒られた。

これもその節は申し訳ありませんでした。夜勤かどうかとかは知る由もないことなので、考え込んでも仕方がない。ただ現地を回る以上、皆が皆土日休みだったり日勤だったりする訳ではないことは頭にいれておくべきだ。あと、何か言われたら神速のインパルスで謝るのがすごく大事!仕方がないケースもあるかもしれないけど、お客様の気持ちを考えたり時間の効率を考えたら、営業マン側の言い分を言うことや正論を言うことにはなんの意味もないので。何かやらかしてしまったら「ごめん」で済んだら警察はいらないのでなるべくごめんで済むように謝って済ませましょう。

賢い人ははじめてる。ビジネスマンのための副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事