2020・5・1現在、政府内では、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が延長される方向で話は進んでいますね!

 

命や健康が第一という判断に理解はできますが、働けない、仕事ができない、稼げないという不安もつきまとってしまいます(^^;

 

長引くコロナ禍で、マスクや体温計、アルコール除菌など品切れ状態も長引いてしまっています(^^;

アルコール除菌は商談前のエチケット!!

不要不急の外出の自粛を求められる期間とはいえ、商談やアフターのためにお客様に会わなくてはいけないケースも出てきてしまいます。

 

いくら緊急事態宣言とはいえ、お客様から訪問の了解が取れていれば大事にはならないでしょう(^^;

 

お客様宅内に入る前に気をつけないといけないのが”アルコール除菌”ですね!

 

 

 

約束があるから訪問自体は問題ないとは言っても、今やアルコール除菌はエチケットのようになっています。

 

ほとんど口臭スプレーと一緒ですね! 面談前にシュッと一吹き!

 

社用車や鞄のなかに除菌スプレーを忍ばせておくとよいでしょう!

お客様はどこで見ているかわからない

できれば面談直前に一吹きするのがいいですね!

 

もちろん除菌的な意味も大きいのですが、お客様に見られることが大事です。

 

見られることによってお客様に安心感を与えることができます!

 

ちゃんと気配りができる人みたいね^^

 

もちろんこんなご時世ですのでマスクの着用も必須といって良いでしょう。

 

今やどこのコンビニとかスーパーとか行っても、店員さんがマスクしている事は当たり前ですし、ビニールのカーテンで仕切りも作られています!

 

お客様の安心・安全に繋がることであれば、やっておいて損はないでしょう。

アルコール除菌の代用品でも大丈夫!

とはいえ、このご時世、アルコール除菌が品切れで、

どこのドラッグストアに行っても見当たらない!

なんてことはザラにあります。

 

そんなときは代用品で良いでしょう!

 

実際、大阪のテーマパーク『USJ』でも、

消毒液の代りに、次亜塩素酸水が使われている(いた?)ようです!

 

食品衛生法に基づく添加物として指定されているので、品質的には全く問題ないでしょう!

 

次亜塩素酸水はまだ品薄にはなっていないようなので、アルコール除菌が手に入らない人には良い代用品になるのではないでしょうか!?

希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事