お客様とお話をする時はゆっくり

お客様とお話をする時はゆっくり喋ればいいです。まるで子供と接する時に話すみたいに。

ゆっくり話す3つの理由

1、お客様がリアクションを取りやすい

2、自信がありそうに見られる

3、話の内容が伝わる

お客様がリアクションを取りやすい

リアクションを取りやすい分、断られやすくなります。断りもリアクションのうちの1つなので。でもそれでいいのです。早口だったり、相手に話す隙を与えずに会社とか上司から命令されたトークを一方的に話したところで押し売りにしか感じてもらえません。むしろ、わざと断らせているくらいの感覚でいいです。わざと断らせているくらいだから、1回や2回の断り文句くらいで話を進められなくなるなんてことも無くなります。

自信がありそうに見られる

ゆっくり喋ると堂々として見えるので、自信がありそうに映ります。この際、自分に自信なんかなくていいのです。そういう風に見られることが大事。これはお客様に限ったことでもなくて、自信がなさそうに小さい声で喋っていたり誤魔化すように早口になっている人と、関わりたいかという話です。そういう人の方が好きだ、という人も一定数いるのはわかります。でも、明るく堂々としている人の方が周りに人が集まったり、友達が多かったり、異性にモテていたりしますよね。要は飛び込み営業の成功確率を上げるためにしていることです。

話の内容が伝わる

最終的には話している内容をきちんと理解してもらわないことにはお客様は買ってくれません。飛び込み営業なので、お客様からすれば急な話なので、こちらはゆっくり話してあげないとお客様の頭が追いつかないのです。提案したことがきちんと伝わった上での

「でも、いいです」
「まだいいです」

なら断られても仕方がないです。でもきちんと理解させずに断られるのは単純に勿体ない。理解してもらえるとお客様に”わかった💡”という快感を与えられ、そうするとお客様その飛び込み営業マンのことを”イイ人”と見なしてくれます。

ゆっくり話すは誰にでもできる!

実際にはスーパートップセールスでめっちゃ早口な人もいます。ただ僕はそういうのは真似ができないし、めちゃくちゃ頭の回転が早い人に早口も多い印象。やり方の相性って各々あると思うけど、単純に”ゆっくり喋る”って誰にでもできることなので、イマイチお客様と会話が噛み合わないな、と思っている人は試してみてください。売れてなくて早口な人は断られることを怖がりすぎている傾向があります。気持ちはすごくよくわかりますが、飛び込みは断られてナンボの商売なのでいくら断られてもイイです。そんなことよりもグイグイ回って行きましょう!

賢い人ははじめてる。ビジネスマンのための副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事