今日も今日とて蓄電池のアポが取れて
今週はこれで所長様に怒られることもないだろう。

初訪問で蓄電池アポが取れた状況

土曜日ということもあり
奥様もご主人様も在宅していた。

やはりアポは土日が取りやすい。

在宅が高いのもそうだし、
パネルが何枚乗ってとか
どれくらいの発電量があってとか
そういった話はご主人様の方が詳しい、
というおうちが多いから。

まずは奥様登場

インターホンを押して

こんにちは〜
蓄電池のご案内です〜

で、すんなりと奥様と面談。

費用が高かったので〜

と、よくある一言。

電気を自家消費するので
丸々家計負担というわけではないですよ^^

ちょっと主人を呼んできます

奥様は大丈夫そうだな

ご主人様登場

関心はあったんですけど
家を建てた工務店に
蓄電池の取り扱いがなくて、、、

パネルメーカーや発電量によって
適切な蓄電池も変わってきますので
一度お見積もりどうですか?

で、すんなりアポに。

設備に関しては
やはりご主人様の方から
多くご質問をいただく。

え〜っと、
電気の流れってどんな感じになります?

売電メインか
自家消費メインになります

ただ、売電単価がまだ高めなので
太陽光をつけて10年間は
売電メインの方が
経済的効果はありますね

まだまだ10年にはならないから
売電と災害時の備えがメインかな

そうですね!
あと、オール電化のおうちは
電気代が安い夜間のうちに貯めて
その貯めた電気を昼に使うということで
若干ですけど家計負担を減らせます!

なるほど
で、ざっくりいくら位になりそうです?

であとは商談の日時を決めるだけ

北海道の大規模停電(ブラックアウト)の話をしよう

蓄電池で元を取る取らないの話では
商談が成り立たない。

みんな性能面への関心はあるけれど
やはり先立つものがないと、
そういった理由で検討すらできない人が多い。

とはいえ停電時や災害時の備えとして
これもこれで大くの人が関心を持っている。

実際に
北海道で起きた大規模停電(ブラックアウト)
の記憶は多くの人に新しい。

そこで

あの時
蓄電池のあるおうちは
不便のない生活を送れたみたいですよ!

そうでないおうちは
停電の復旧のメドが立たないから
なんと!
早々にバーベキューを始めたみたいですよ!
冷蔵庫の中のものを腐らせないために!

そもそも蓄電池に関心があるおうちは
こういった話に

うんうん
そうなんですよね〜

と、思い切り話に乗っかってくれる

こういうところで関心を示してくれないおうちは
やはり元を取る取らないの話に流れやすい。

ブラックアウト以降確実にお客様の関心は増えている

2019/01/10の日本流通産業新聞の記事に

消費者の「自家消費型」へのシフトに追い討ちをかけたのが、18年9月の北海道大地震により発生したブラックアウト(大規模停電)だった。

引用元の記事

不安を煽るわけではないけど
正確な情報として
こういった話をお客様にするのは
すごく効果的だ。

個人的にも蓄電池のデメリットは
費用面だけだと思っている。

確かに性能面では
まだまだ改善の余地はあると思う。

でも、今の性能の物でも
「欲しい!」
と思っているお客様も
少なくない数でいる。

そういう人に提案をしてあげれば良いと思う。

最新蓄電池システム

賢い人ははじめてる。ビジネスマンのための副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事