訪問販売で資料をお客様にお見せする時に使うクリアファイルはどのような物を使っているでしょうか。これには僕はこだわりがあって、必ず”サイドイン”タイプの物を使用しています。

理由は雨とか降ってきても中の資料が濡れにくく、変な染みになりにくいからです。もう一つが、構造的に資料が落ちにくい。縦に入れるタイプだと、うっかり逆さに持って歩いてしまうと、資料がバサバサと地面に落っこちてしまうこともある。その点、サイドインのタイプだと濡れにくいし、どの向きで持っても資料が落ちにくいと良いことだらけ。しかし、なぜか縦に入れるタイプの物よリもサイドインの方が値段が高いし、販売されている種類が圧倒的に少ない。文房具屋に行っても縦と横が変わるだけでそんなに取り扱いの数が減るのかと解せない。

こういう営業資料って自分はすごく大事だと思っていて、仮に1ヶ月でも使えばそれなりに手垢も付いてきて、使えるは使えるけど、やはりピカピカの物を使った方がお客様からの印象も良い気がするし、何より使っている自分も気分が良い。いかんせん、ただでさえ怪しい訪問販売の営業マンなのだから、そういう印象に関わる部分はなるべく小綺麗にしておきたい。僕がこういう風に潔癖とまではいかないけど、キレイ好きみたいな感じになってしまった分、逆に、なんか汚い資料使っていたりとか、だらしなさそうな人や店員からは物を買いたいとは思わなくなってしまった。

クリアファイル一つをとってもそうだし、お客様への配布資料も、ちょっと斜めに印刷とかされてあるとやり直しをさせてしまいます。あと、コピーにコピーを重ねて印刷の色がだいぶ薄くなった配布物を渡そうする後輩、部下がいようものなら指導を入れます。もちろんキレイにしておけば営業の成績が上がるってものではないのだけど、身だしなみもそうだけど、そういうところに気がつけている人の方が、全般的に集中して仕事ができている。かく言う僕も、以前はそんなに几帳面に仕事をしていた訳ではないけど、色んなトップセールスマンと仕事をしていくうちに、自分が出来ることは真似ていこうとやっていくうちに、段々とキレイ好きになっていった。もちろん、営業資料とか地図とかの扱いが超雑なスーパートップセールスもいない訳ではない。でもスーパートップセールスがそれで許されるのは、爆発的な売り上げがあるからなのと、そういう人の手法はなかなか真似ができないことが多く、ま、勝てば官軍みたいなところがある。

自分で言うのもおこがましいけど、元々はセンスもかけらない自分が、今では支社の飛び込み部隊のトップにまでなれたのは、真似出来る良いところはどんどん取り入れてきたからで、僕がしていることは誰にでも出来ることなので、後輩や部下にも、本人たちに思うところがあるのであればどんどん取り入れて欲しいと思う。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事