自己肯定感を蝕む社内、上司はクソ

訪問販売で飛び込みの営業をしていると、圧倒的に断られる数の方が多い。断りの数が多いうえに全然アポイントが取れないと、なんのために回っているのわからなくなり、自己肯定感がどんどん低くなってしまう。その上、会社の中でもぞんざいな扱いを受けてしまったら、ますますやる気が無くなります。当然、社内でも明るい雰囲気にはなれない。やる気、自信がない営業マンからはお客様もどんどん離れていくので、自己肯定感が下がり続けるスパイラルにはまってしまう。結果を出せないのはもちろんその営業マンの責任がほとんど。でも待って欲しい。上司の仕事は間違いを正したり指摘することではなく、部下に結果を出せてあげるのが本分のはず。そこをわかっていない上司に当たってしまったら不運だ。

実はすごく大事な社内営業

最近自分の成績が芳しくないせいか、社内営業がおろそかになっていたなぁ、と思う。具体的には若手社員への声かけを積極的にはしていなかったなと。僕も会社に入りたての頃とか、上司や先輩に「頑張れよ」とか「最近どうよ?」なんて声を掛けられるだけでちょっと心が軽くなったりしたものだ。僕は今飛び込み部隊のトップにいるから(あくまで支社内だけど)そういう声かけをしないといけない立場ではある。特に若手社員というのは結果が出ない責任を外部に求めたがるもの。これはもう単純に若いから仕方がないこと。だから、社内の居心地が悪かったりとか、下手な怒られ方をした若手社員は、取れない原因を自分ではなく社内にありと思ってしまうのだ。「あのクソ上司があんなこと言うからダメなんだよ!」みたいに。まぁ、ベテランの立場からすると「なんでこんな風に気を使ってやらにゃならんのじゃ」と言う気持ちもなくはない。特にどんよりとした雰囲気の若手社員なんかに気を使ったり、時間を使って声をかけるのなんて「メンドくさ」って思ってしまう。

若手社員からできる社内営業

実際コミュニケーションの一環なので上司、先輩からだけ一方的に声をかけ続けると言うのも難しい話。かといって下手なおべっかとかお世辞なんて誰が聞いても馬鹿にされているとしか思えないから逆効果。僕が考える若手社員の最高の社内営業は何と言っても「挨拶」。これがしっかりできていれば、そうそう嫌われることはない。僕の後輩でも結果そんなに出ていないくても挨拶がしっかりできる子がいて、その子は誰からも嫌われたりはしていない。本来は平等に接しないといけないのだけど、人間だからどうしても好き嫌い入ってしまうのは仕方のないこと。その子のすごくいいところは、取れなくて悔しいはずなのに、それを露骨に表面に出さないところ。卑屈だったりイヤラシイ人だと怒られない布石のために元気のないフリとか悲劇のヒーローヒロインを気取るような輩もいる。そう言う”かまってちゃん”みたいのは目も当てられないし、段々相手にされなくなってくる。人間誰しも弱いところがあるから自分を守りたくなるのは仕方のないこと。でも守り方にしても自分の事しか考えていないような素ぶりは嫌われるだけだから、思い当たる節がある人は改めた方が良いですよ^^

何のための社内営業なのかの確認

今日も澤さんのボイシー217話の中の「リーダーシップやチームの話」のですごく良いことを言っていて、

「未来をよくするために仕事なりなんなりってのは、すべてやったほうがいいなじゃないかなって思うし、そう思ってやる仕事ってのは辛くない」
〜5:25あたり〜

と。そう、自分のファンを増やすためと、自分の影響を受けてくれる人を少しでも増やすため、と思えば少しは声かけにも積極的になれるな、なんて思う。若手の立場からすると何のために挨拶をするのか。そもそもの話として、ちゃんと数字を残せていれば自然と声かけや挨拶もできるのだけど、ちょっと自分に余裕がないと、こういうところからおろそかになってしまう。

最後に

自分のファンを増やすために社内営業はすごく大事。結局最後に一番大事なのは自分なのだから、その自己肯定感を下げないために社内でのコミュニケーションはおろそかにしてはいけないと思う。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事