とある訪販会社の離職率

なんと驚異の70%!!。゚(゚´Д`゚)゚。
2017年度に50名近く入社して残っているのが約15人。

絶対にブラックではないんだけど、、、

ウチの支社でも12月、1月で計3名の2017年入社が退職する。退職理由は様々だし、ホワイト企業では絶対にないが、ブラックかと言うとそれは言い過ぎだ。以前はブラックだったけど。日々の仕事に追われていると「○○、会社やめるってよ」ってなっても「そっか、次のとこでも元気でやれよ」とさほど気に留めないのが実情なのだけど、先日部下のかわい子ちゃん(来年1月に退職が決定済)と会話している時に、改めてウチの会社の離職率の高さに気付かされた。

辞める方も辞められる方も大変(泣)

一応当事者ながらに70%はすごいなと思うわ。2年近くかけてここまで削れるとは。仕事の内容、会社の雰囲気、将来に不安感じて、他にやりたいことができて、などなど、色々な理由はあると思うけど、辞める方も、採用した会社側もみんな大変そうだなぁと。

辞める理由で一番多いのはやっぱり、、、

営業が向いてないって理由で辞める人が一番多いです。こればかりは仕方がない。無理強いできるものではないので。次に多いのは会社に馴染めないかな。会社に馴染めないのは、その支社の空気を作る上で一番影響力を持っている人はそこの営業所長なので、その人と合うかどうかが一番のポイントになってくる。僕の個人的な経験では支社によってだいぶ雰囲気は異なる。

なんだかんだで毎年新入社員は入ってくる

訪販会社の営業職として新卒で入ってくる子達の共通点としてはやっぱり就活が面倒くさかったからサッサと決めたですね。特に営業がしたくてという理由とかでもなく。なんとなく、が正解っぽい。

一生飛び込み営業をするわけではないだろうけど、、、

会社の流れ的に、僕は人事は全くノータッチなので採用の流れは全然知らないけど、年が明けて1月からは新卒を迎え入れる準備期間になる。「来年度に新しく入ってくる子たちのために、ちゃんと仕事を教えられるようになりましょうね〜」と言う期間。こう書いていると自分が本当にオジサンっぽく感じられて嫌だなぁ。今年の新卒の子たちは精神的に甘えん坊な子が多かったから、来年度、新しい新卒が入ってくると自分たちの注目度が下がってしまい、チヤホヤもされなくなって、その上結果も出せていないと、仕事も会社も全てが面白くなくなって、これまた離職率に繋がりやすいスパイラルに陥る。一生飛び込み営業をするわけではないだろうし、そもそもがなんとなくで入った会社だろうけど、どうせ入ってしまうんだったら、全力でできるところまでやって欲しい。それが一番その子たちのためになるから。全力でやればその分早く(自分には合ってなかったな)と見切れるからおすすめ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事