【飛び込み営業のコツ】調子が悪い時に見直すポイント3つ【低迷・スランプ】

営業の仕事をしていれば、どんな人でも良いときもあれば、悪いときもあります。

 

ただ、優秀な営業マンの条件の一つに、

『調子の悪さを引きづらない』

というのを挙げることができます。

 

なにか調子の悪さを感じたら、早めに修正をするのが、成績を安定させる秘訣とも言えます。

 

今回の記事では、調子の悪い時に見直すべきポイントを3つ紹介します。

買ってくれないお客様に一生懸命話してないか!?

買ってくれないお客様に一生懸命話してしまうと、どんどん成績が下がっていってしまいます。

 

具体的に、”買ってくれないお客様”とはどういうタイプのお客様か!?

 

そもそも、買ってくれない時点でお客様ではない、という発想もありですが、この手のお客様に共通する特徴は、興味だけはあるというお客様です。

 

興味はあるので話は聞いてくれます。

 

例えば、最終的にはネットショッピングで買おうと思っているお客様に、いくら営業マンがオススメしても、その気になってはくれません。

 

他には、契約するつもりはないけど、見積もりで金額だけは知りたいというお客様もそうです。

 

しっかり話は聞いてくれたのに、アポを取れなかったとか、契約を取れなかったからと反省し、その反省の仕方を間違ってしまうと、トークがどんどん長くなっていってしまいます。

 

ここの訴求ポイントでもっと他のお客様の実例を多く話してみようかな!?

 

元々買う気がないお客様にトークの照準を合わせてしまうと、本来買ってくれる層のお客様に刺さらなくなってしまいます。

 

買ってくれない人をどうにかしようという発想はスランプへの入り口になってしまいます。気をつけましょう。

 

買ってくれるかどうかなんて、話してみないとわからないんじゃ・・・

 

それもその通りなのですが、わからなかったら聞いてみればOKです!

 

気に入ったらウチで買ってくれます!?笑

みたいに。笑いながら聞いてみてください。

 

こういうお客様を多く相手にしてしまうと、時間の無駄でもあるし、どんどん自信がなくなっていってしまいます。

余計なことを話していませんか!?

お客様からの質問に対して、シンプルに答えられているかも大事なポイントです!

それをやるデメリットってなんですか?

やっぱり気になりますよね!
なので是非一度お話を聞いてみてください!

答えているようで答えていませんが、これくらいシンプルでもOKことは多々あります。

 

それでもまだ、食い下がって聞いてくるお客様には、

まぁ、強いて言えばここくらいですかね

と、ちょっと具体的にお話してみて、間違っても聞いてもいないことまで話し出さないように気をつけてください。

 

営業マンが帰ったあとに、お客様の印象に残るのは、トークの内容よりも営業マンの態度の方なので、シンプルに話せている方が堂々とした印象を残すことができて好感度もあがります。

 

逆に、質問に対しての答えが長くなってくると、言い訳がましく聞こえてきてしまうので、なるべくテキパキと答えましょう!

ちゃんとお客様の話を聞けていますか!?

そもそも人は、信頼できる人や気に入った人にしか本音は話せませんよね!?

 

お客様がちゃんと話しやすい空気、話したいと思える空気を作れていますか?でないとちゃんと話は聞けませんよね!?

 

お客様に警戒心をもたせたまま、上辺だけの会話をしていてもアポとか契約は取れないです。

 

本音から出てきた悩みとかを解消したり、解消できそうと思わせることで、話はすすんでいきます。

 

はい
はい

と返事をすることが、お客様の話を聞いている、ということではありません。

 

お客様の話を聞くというよりは、ちゃんと聞き出せているかどうかです。

まとめ:何件のお客様に喜んでもらえたか

今日1日、今週1週間、今月1ヶ月間、何件のお客様に喜んでもらえましたか?

 

営業の成績は、最終的には何件のお客様に喜んでもらえたか、で決まってきます。

 

自分が売りたいとか、ノルマとか、もちろん結果から目を逸らしてはいけませんが、お客様が喜んでくれる仕事を心がけましょう。

 

自分本位では良い営業になりません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事