【営業のコツ】現役女子大生みおぴのモテLINEから営業の本質を学ぶ【港区女子】

たまたま見つけた動画が営業の本質を突きまくっているので紹介したいと思います。

それは港区女子を自称するみおぴさんがモテLINEを指南する動画です。

LINEはあくまで通過点

「返したくなるLINEを教えるYoutuberは多いけど、LINEはあくまで通過点」で、繋がったあとに優位に立てるかがポイントだと語ります。

まるで営業でいうところの、成約や売上から逆算された考え方だというのがわかります。

冷やかしのお客様との商談の時間ほど無駄なものはありません。新人や営業初心者のうちに、そんなアポイントを取って後悔してしまったことのある人もいるでしょう。あるいは、アポイントが取れれば、とりあえず仕事している感が出るので、目先の結果に走ってしまうこともあるかもしれません。

営業マンが優位に立てていないからお客様に冷やかされてしまうのです。

こちらの動画では「女の子は自分からデートに誘ったとしても優位に立っとくべき」と主張しますが、それは営業マンも同じです。

営業も基本的には、こちらからお客様にお声がけをして提案するものですが、話を聞いてもらうことをゴールとしてしまっていては、売上には繋がっていきません。あくまでゴールは売上だという意識を忘れてはいけません。

ダメなLINEの典型とその修正点

ダメなLINEの典型はみおぴさんの動画でちゃんと実例で紹介されているので詳しくはそちらを参照してください。

ダメなLINEがどうダメなのかをまとめると以下の3つのポイントになります。

  • 絵文字使いすぎ
  • 長文すぎ
  • 丁寧すぎ
  •  

    この3つだけを見ても、営業的にも悪手になりそうなのがわかります。

    絵文字の使いすぎや丁寧すぎを営業でいうところの、自分への自信の無さの表れに繋がると思います。

    明らかに作ったような営業スマイルはお客様からすれば不自然に映るでしょうし、まるで接客業かのようなかしこまった、丁寧な態度でもお客様から信頼を得るのは難しいでしょう。

    丁寧すぎるのは、へりくだっているようにも受け取られます。優位に話を進めていけないことはもちろん、お客様の嗜虐心を煽ることにもつながり、かえって不快感を与えてしまうことがあるのです。

    長文すぎるのも、営業マンでいうところの”トークが無駄に長い”にあたるでしょう。

    無駄な言葉、余計な言葉を入れるとそれだけわかりにくくなってしまい、せっかくの商品の良さが伝わりません。

    1,使っていいハートは3種類だけ

    『使っていいハートは3種類だけ』で意図するところは、こちらからデートに誘っているとはいえ、男性に調子に乗られたくない、からだそうです。

    営業マンもお客様の良いところを見つけて褒めるのは有効な手段ですが、行き過ぎるとお客様に舐められてしまいます。

    お世辞言ってるわね〜

    お客様にこんなふうに思われても優位には立てません。

    2,使いがちなNGワード

    みおぴさんはお誘いのLINEで使う上でのNGワードとして”今度”をあげています。

    「また今度行こうね〜」などの今度です。

    このワードが出ることで一気に社交辞令感が強まってしまうからだといいます。

    3,日程は絶対に縛るべし

    営業マン的にはこの『日程は絶対に縛るべし』が特に大事かなと思います。

    男を誘うときのLINEで、
    「今度〇〇行きましょうよ〜」
    みたいな使い方はするべきではないし、

    「いつなら空いてます?」
    も聞かなくて良いとみおぴ先生は教えてくれます。

    3つくらいの選択肢に絞って
    「○日か○日か○日はどうですか?」と聞けと。

    脈があれば予定が合わなくても代替案を出してくると。

    そうでなければ脈がないかよっぽど仕事が出来ない男だから”さようなら”と。

    営業マンも

    いつでもいいですよ!

    なんてスタンスだとお客様に暇な営業マンだと思われてしまいます。

    ”ちょっと忙しいんだけどお客様のためにこの時間を割きます”くらいのニュアンスで伝わると営業マンが優位に立てますよね。

    まとめ

    この動画をみて非常にロジカルにまとまっていたし、みおぴさんが女子大生であることに感心してしまいました。そして、港区女子ってやはり恐ろしいなと。

    それにしても、まるで社会人を何年か経験したかのような見事なプレゼンでした。キッパリと言い切るスタイルが心地よかったです。

    Youtuberのラファエルの動画を見ていたら紹介されていたので、なんの気もなしに視聴したのですが、思いの外営業のヒントが詰まっていました。

    改めて営業と恋愛は共通するところがいいなと感じました。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事